無料で使えるマインドマップツール「XMind」をインストールしてみた

バージョン: XMind 8 Update 8 (R3.7.8.201809070145)

今流行りのマインドマップツールで思考の整理をしてみたいと思い、無料で使えるWindows版の「XMind」をインストールしてみました。

マインドマップとは

そもそも「マインドマップ」とは、イギリスの著述家で教育コンサルタントのトニー・ブザンが開発したノートの記述法です。


主題となるトピックを中央に置き、そこから放射状に関連する言葉を広げて繋げていきます。
頭の中で考えている事を目に見えるようにする思考ツールです。


XMindとは

XMindは、無料で使えるマインドマップツールです。高機能の有料版がありますが 執筆時点 13,036円(税込)でした。
Windows、Mac、Linux、iOS、Androidと色々なデバイスで使えるところも魅力です。


XMindのダウンロード

XMindのインストーラは、以下の公式サイトからダウンロードします。
https://jp.xmind.net/

  1. 公式サイトにアクセスして [無料ダウンロード] をクリックします。


  2. [Windows版] をクリックします。


  3. [ライセンスの内容に同意します。] をチェックして、[Windows 版 XMind ダウンロード] をクリックするとインストーラがダウンロードされます。


XMindのインストール

  1. ダウンロードしたインストーラを起動します。

  2. [Next] ボタンをクリックします。


  3. [I accept the agreement](私は契約に同意します)を選択して、[Next] ボタンをクリックします。


  4. インストール先はそのままにして、[Next] ボタンをクリックします。


  5. 初期設定のまま [Next] ボタンをクリックします。


  6. [Install] ボタンをクリックします。


  7. インストールが開始されます。


  8. インストールの完了画面が表示されたら [Finish] ボタンをクリックします。


  9. XMind が起動され「XMind 8 へようこそ!」のメッセージが表示されますので [OK] ボタンをクリックします。


  10. [空白のマップを新規作成] ボタンをクリックしてみます。


  11. 中心トピックから連想を使って思考を深めてきます。


まとめ

XMindはインストール型のアプリですが、他にも日本語版として以下のものがあります。
Mindmeister(クラウド型)
Coggle(クラウド型)
Mindomo(マップ作成が3つまでは無料)
しかし、使用するにはアカウント登録が必要ですので、やっぱりXMindが安心して使えそうです。


以上、Windows版のXMindのインストールについて解説しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA